キャバクラ求人の見どころ

夜の仕事と言ったらキャバクラ嬢

キャバクラ嬢になる前はデリヘル嬢として働いていました。密室で男性にサービスするのは少し抵抗があったけど、初めはお金のためと思い我慢して働いていました。でも、ある出来事がきっかけでデリヘル嬢として働くのが怖くなってしまい仕事をやめました。その後は、ファミレスやうどん屋さんで昼間のバイトをしていたんですけど、やっぱり時給の低さが気になってしまい仕事をしていてもモヤモヤが溜まって行きました。その結果、エッチなことはしたくないけど夜の仕事を続けたいと思い、夜の求人サイトで今のキャバクラの仕事を見つけました。以前にデリヘルで働いていたことを伝えると、意外とあっさり話は進んでいきすぐに採用してもらえました。デリヘル嬢時代の仕事をしっかり覚えていたので、男性客と話をするぐらいは楽でした。でも、お酒をあまり飲まないタイプだったのでそこだけは慣れるまで時間がかかりましたが、今はもうバッチリお酒も飲めるようになり指名ももらえるようになりました。

いい時間が過ごせています

キャバクラで働いていて思うのはいろんな人がいろんな目的で働いているので結果としていいものが生まれたりします。一人ひとりのサービスの自覚をしっかりとしないといけませんので、プロ意識は働いている人では高い人が集まっていると思います。私としてはいろんな人を喜ばせるために色々と努力をして情報を仕入れたりしていますがやっぱり求人を見ているとなかなかまだまだ理想のガールズバー店員になれそうに無いですね。一つ一つのサービスをしっかりとしていると私としてはやっぱり満足が出来るんです。一人ひとりの楽しい時間を提供できればと思っていますので、普通にアルバイトをするのではなく少しでもプロとして働けたらいいと思います。どんどん色々と経験をさせてもらえればいいと思うんですが、やっぱり普通に求人を見比べていてもいいものだと思いますね。私の中ではキャバクラのバイトは一番私にとっていいものだと思います。本当にいい時間を過ごすことが出来ています。

しっかり稼ぐならキャバクラ嬢になろう

本気でお金を稼ごうと思ったら普通のバイトやったって駄目なんだよね。多少はリスクがある仕事でも頑張らなきゃいけないかーと思い、夜の仕事が紹介されている求人サイトを見てみたら、キャバクラ嬢が募集されてた。私がキャバ嬢になれるとは思えなかったしダメもとでメールをしてみたんだよね。次の日になると、お店からメールの返事が来てかなり好待遇な内容が書かれていてビックリしました。本当に好待遇な条件なら一度働いてみたい気もしましたし、面接に行って話を聞いてみるのもいいかなと思えたので、面接を受けてみたらあっという間に採用が決まっちゃいました。私のような男性っぽい女でも大丈夫なのかなと思いましたけど、お客さんの中には私みたいな女の子を好む人もいて嬉しかったです。軽くお酒を飲んでお客さんと楽しく話して、これがお仕事だから楽しく続けていけるんですよね。職場内の人間関係も悪くないし、お互いが困ったときはヘルプを出し合ってうまくやってます。